宇都宮クラーク高等学院のサブイメージ

about

学校紹介

「安心」 を第一にした学校生活で君の持つ力を発揮しよう!

宇都宮クラーク高等学院は学校教育法第55条に基づく栃木県教育委員会指定の技能教育施設でありクラーク高校の連携校宇都宮キャンパスです。
宇都宮クラーク高等学院は平成12年に開校し、今年で21年目を迎えました。代表者は、UBDCグループ創立者大久保登志正です。

UBDCグループ

宇都宮クラーク高等学院
宇都宮ビジネス電子専門学校
宇都宮アート&スポーツ専門学校
宇都宮ケーブルテレビ株式会社

卒業後は姉妹校専門学校の専門課程に進み、国家資格取得や技能を磨くことができるシステムが整っています。また、専門学校と産業能率大学や自由が丘産能短期大学・豊岡短期大学等を同時に卒業できる併修コースもあり、きみの夢の実現をグループ教育で支えます。

毎日通ってクラークで学ぶ3つのメリット

1. 生活力改善に強い!

とにかく面倒見がいいから毎日の登校が楽しくなります。心や学習の不安も先生たちが親身に向き合ってくれるからいつでも安心です。優しく楽しい仲間たちとイキイキと高校生活が送れます。

2. 資格の取得に強い!

授業を受けるだけでたくさんの資格が取れます。せっかくの3年間を自分の自信となることを身につけましょう。資格の取得は高校時代の努力の証明です。進路の幅もぐんと広がりますよ。

3. 卒業後の進路に強い!

大学進学も就職内定も決して夢ではありません。多くの先輩たちもここで自分の得意を見つけ、それぞれの道に進んでいます。進路決定を後押しするいろんな方法がここには用意されています。ここでいっしょに道を開きましょう。

安心して学校に通える5つの取り組み

1. きみの進学・就職・卒業を全力で導きます

先生がきみやクラスにどのくらい関わる意識を持っているかによってきみの心もクラスの雰囲気も変わってしまいます。クラークの先生はその点をしっかり理解して一人一人と向き合っています。

2. 学び直しの安心

クラークでの学びは既習範囲の定着を確認する「基礎学力テスト」からスタートします。英語・国語・数学・理科の基礎学習の授業では、中学校で苦手だった箇所や理解不足と思われる箇所をていねいな指導でしっかりと克服して行きます。

3. クラーク独自のWEB学習システムによる自習学習環境の充実

24時間、365日いつでも使えるクラーク生のためだけの学習システムです。もちろん自宅でも可能です。毎月のレポートの提出と添削。予習・復習に役立つ動画。中学校基礎から高校教科・大学入試共通テストの対策に対応した授業視聴など、学習の大きな助けになります。

4. 登校応援制度

希望の参加日を選んでもらい「先輩と話そう」「先生と話そう」など様々な形で楽しくリラックスしながらお話しする時間です。12月の早い時期から、入学生のために毎年行っていて、ほとんどの人が参加して「良かった、安心した」と感じている制度です。人間関係つくりや集団生活に大きな不安を抱える入学生に是非参加してほしい制度です。

5. 心強いスクールサポーター

学年・クラスを超えて学習や人間関係・体調のことや心の悩みなど、学校生活のさまざまな悩みに事に親身になって話を聴き相談にのってくれるサポーターの先生がいます。朝一番のあいさつ温かく声をかけてくれますよ。

宇都宮クラーク高等学院とは

校名
宇都宮クラーク高等学院
所在地
〒320-0032 宇都宮市昭和1-2-18
電話番号
028-650-5900
FAX番号
028-600-3088
開校
平成12年(2000年)4月
代表
大久保登志正
学科
情報ビジネス科
特設ゼミ
簿記ゼミ
グラフィック・クリエーターゼミ
声優・パフォーマンスゼミ
インターナショナルゼミ
情報処理ゼミ
体育科ゼミ
学習検定ゼミ
認可先
栃木県教育委員会 学校教育課
北海道庁 学事課

文部科学省委託事業実施団体 通信制高等学校評価研究会より 国・文部科学省の平成29年7月に行われた、「広域通信制高等学校の通信制高等学校の 質の確保・向上に関する調査研究協力者会議」の審議結果として、クラーク記念国際高等学校が最初の認定校として 認定されました。
詳細は、通信制高等学校評価研究会をご覧ください。
数多く存在する通信制高等学校の中で、クラークは特にしっかりとした教育体制を行っている証左で あります。コロナウィルス絡みで、学校選びに苦慮されているご家庭も多い事と存じます。一度、宇都宮クラーク の指導体制をご覧頂ければ、指導内容にご納得頂けるはずです。

駅からのアクセス

東武宇都宮駅から徒歩で約10分
JR宇都宮駅からバスと徒歩で約20分

各地からの登校時間のめやす

※令和元年4月現在時刻表に基づきます

バスでのアクセス

クラーク記念国際高等学校

連携するクラーク記念国際高等学校は、学校教育法第1条に定められた私立の広域通信制単位制の高等学校です。

クラーク高校には、毎年270以上の大学・短大学科の指定校推薦枠を受けており、校内の審査を経ることによって進学の希望をかなえることができます。
毎年、大学進学を希望する人の多くが、この推薦制度を利用して進学の夢をかなえています。

クラーク高校の学校長は冒険家の三浦雄一郎です。
エベレスト登頂最高齢記録を3度も塗り替えた世界的超人の学校長です。

[写真提供]ミウラドルフィンズ

クラーク高校では、全生徒に向けた学習援助のために、誰でもどこでもWebによる視聴が可能なWebキャンパスを開いています。
既習範囲の学び直しから授業の予復習、大学受験対策まで懇切丁寧な解説講座を視聴することができます。
また、キャンパス内のWifiに自分のモバイルをつないで学習することも可能です。

クラーク高校の連携校キャンパスは、全国とオーストラリアに64拠点を展開し、生徒数も11,000名を超える国内有数の高校です。
教育の信頼度も抜群です。

クラーク高校では、生徒の国際教育の方法として、短期・長期のオーストラリアキャンパスへの留学システムがあります。